iPhone 6sの曲がりやすさを検証した動画が公開!強度はかなりUPしてる模様


アルミニウム7000シリーズが採用され、iPhone 6よりも本体の強度が上がったとされる「iPhone 6s」ですが、早速曲がりやすさを検証するベンドテスト動画が公開されました!動画を見てみるとその曲がりにくさは歴然。iPhone 6sは強度もばっちりなようです。

iPhone 6s Plus - Bend Test


2人掛かりでやっと曲がる強度

▲FoneFoxのChristianさんによれば、「親指のほうが曲がってしまいそうだった」とのこと。

iPhone 6sにはアルミニウム7000シリーズと呼ばれているアルミニウム合金が採用されており、iPhone 6と比べて強度が高くなっています。1人の力ではビクともせず、2人で力を合わせることに。

▲阿修羅のごとき本気の顔。
大人の男性2人の力でやっとのようです。


iPhone 6sの強度はホンモノ!


動画を見てみると分かりますが、2人の男性は超絶本気で曲げにいってるのがわかります。それでやっと折れ曲がるレベルなので、iPhone 6sの強度は安心して使えると思っていいかもしれませんね。

ただし、強度が上がったとはいえ、やっぱり後ろポケットにiPhone 6sを入れるのはやめておきましょう!座り方によっては、テコの原理で思わぬ力が加わってしまうこともあるので、素直に前ポケットに入れて持ち歩くのが無難です。

情報元:FoneFox