ホコリが付いた保護ガラスフィルムは水洗いで復活!何度でも張り直せる

iPhoneの保護ガラスフィルム
iPhoneの保護ガラスフィルムには地味にこだわりたい。iyusukeです!

「新しく保護ガラスを買ったのにホコリが入っちゃった!」なんてことないですか?せっかく新しく買ったのに、すぐ捨てるのもなんだか気が引けます。

今回は、そんな残念な保護ガラスフィルムを復活させる方法をシェア!ケチじゃないんです。物持ちの良い努力家なんです。

ホコリが入ってダメになったガラスフィルムを剥がす

保護ガラスを綺麗に剥がす

まずはじめに、ホコリが入った保護ガラスを復活させるには水を使うため、防水スマホなら特に気にせず作業しても問題ないですが、非防水スマホの場合、細心の注意を払って作業しましょう。

ちなみに、水洗いで復活できるのはシリコン吸着のフィルムだけなので要注意。

ホコリが入った保護ガラスを捨てずに復活させようとしている物持ちの良い努力家の方は、まず保護ガラスを綺麗に剥がす努力から始めます。

そのままエッジ部分から保護ガラスを剥がしても問題ないですが、無理やりやると保護ガラスを割りかねないので、セロハンテープをガラスフィルムに斜めに貼り付け、引っ張りながら剥がすとうまくいきます。


ガラスフィルムをうまく剥がせたら、いよいよクリーニング開始。

ガラスなので、爪で無理に剥がしたり、力を入れすぎたり、変な方向に曲げてしまうと割れてしまう可能性があり、危ないので保護ガラスを割らないように気を付けて作業しましょう。

保護ガラスを綺麗に剥がすコツは、ガラスの端が浮いたら力を入れないでゆっくり剥がしていくこと

剥がしたガラスフィルムを水でガッツリ丸洗い


無事に保護ガラスを剥がせたら、さっそく水で丸洗い。お湯だと接着部のシリコンが剥がれ落ちるかもしれないので、念のため、水で優しく洗い流します。


ホコリがついている程度なら水でサッと流せば綺麗になりますが、指紋が付いてしまった場合、食器用洗剤をちょっとだけ付けて洗えばOK。

ガラスフィルムを洗い終わったら、次は元通りに貼り付け。

防水スマホの場合はそのまま貼り付けられますが、防水じゃない場合はガラスフィルムを乾かしましょう。

乾かす時は自然乾燥が1番ですが、そんな待てないし、乾かしてる間にまたホコリがついたら意味ないので、僕はドライヤーの冷風で一気に乾かしました。

ちなみに、作業する時は湿気でホコリが飛ばないお風呂場がおすすめです。

洗った保護ガラスフィルムをスマホに元通り貼り付ける


ガラスフィルムを乾かし終わったら、いよいよiPhoneに保護ガラスを貼り直していきます。

貼り付ける前にディスプレイを綺麗にしておきましょう!ティッシュとかだと繊維が残るので、眼鏡拭き専用のクロスがおすすめです。


非防水スマホの場合、多少の水滴が残る程度なら、保護ガラスをそのまま貼り付けてしまっても問題ないかもですが、そこは自己責任で。

出来る限り、水は乾かしてから保護ガラスを貼り付けましょう。


残った気泡や水滴を残さず押し出したら完成。気になっていたホコリもすっかり消えてストレスフリーになりました。

ただ、洗剤で洗ったからなのか、ガラスフィルム表面のコーティングまで取れてしまったような感じがします。洗いすぎは厳禁ですね。

手元にフッ素コートがある場合は、もう一度保護ガラスに塗り直すといいかも・・・です。

「ガラスフィルムを復活させる方法」まとめ

今回紹介した「ホコリが入ったガラスフィルムを復活させる方法」は、シリコン吸着の保護ガラスフィルムに有効です。

注意点としては、水濡れでスマホを壊してしまう危険がある事と、ガラスフィルムのフッ素コートが剥がれてしまう場合があるので、細心の注意を払って自己責任で行いましょう!

それともう一つ。

iPhone 6s/6s Plusで使われている7000番台アルミニウムは腐食しやすいという特徴があります。

水に近づけないのが一番良いので、iPhone 6s/6s Plusでガラスフィルムを失敗した時は、素直に買い直しましょう・・・。※iPhone 6s/6s Plus以降のiPhoneはOK。

ちなみに、iPhone用のガラスフィルムはAnkerのGlassGuardが安くて、品質も良くて超おすすめです。僕もお気に入りのガラスフィルムで、一度試したら、何回もリピートしたくなるかも?


また、テックブログ「iyusuke」では、iPhone/iPadに特化した様々な情報をお届けしてます。

iPhone用アクセサリーのレビューやセール情報なども紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください!

iyusukeをチェックしてみる!