【iPhone小技】iPhoneの充電時間を短くする4つの方法


今回は、iPhoneのちょっとした小技をご紹介!結構知らない人も多いのですが、iPhoneには少ない時間でも効率よく充電する方法があります。今回ご紹介する「4つの方法」を実践すれば、時間がないときでもパパッと充電できちゃうので、知って得するiPhoneの小技を活用しよう!


iPhoneの充電時間を短くする4つの方法


 今回紹介する「iPhoneの充電時間を短くする4つの方法」は、余計な準備は必要なく、手軽にできるものばかり。短い時間で少しでも多く充電するための小技みたいなものなので、急いでる時など、是非とも試してみてください。

1.iPhoneを機内モードにする
iPhoneを機内モードにすることで、SMSや通知が止まり、Wi-Fiや電波も掴まなくなるため余計な電力消費がなくなります。

2.充電中は触らない
表示するだけでもバッテリーは消費します。充電しながら触るのはバッテリー寿命にも悪いので×。毎日頑張って動いてくれてるので、充電中はそっとしておいてやりましょう。

3.保護カバーははずす
iPhone本体が熱を持たないように、保護ケースは外しましょう。Appleも公式HPで伝えており、なかなか効果があるのだと思います。

4.iPadの充電機があればそっちを使う
iPhoneの充電機は211時間で満充電。対してiPadの充電機は127時間で満充電になります。充電器のパワーの違いは一目瞭然!iPadの充電機がある人はそっちで充電しましょう。

上記の4つの方法を実践すれば、5分の充電で6%ほど増えます。たったの6%かよ!と思った方もいると思いますが、充電時間が伸びるほど充電効率が良くなるので、時間があまりないときや、朝起きたら充電できてなかった!なんて時には活躍してくれること間違いなし!

覚えておいて損はないので、頭の片隅にでも入れておいてください。
ぜひお試しあれ!
Business Insiderが動画で検証してます。