Appleという企業のハンパないデカさが分かる11の例え遊び


世界一の大企業Apple。その株式総額は、なんと6730億ドル(約81兆円)!聞いたことのない数字すぎてすごさも分からなくなるレベルです。そんなAppleですが、そのすごさを分かりやすく例えた記事をBusiness Insiderが公開してくれているので早速ご紹介!なんとなくそのすごさが分かるかも?

Appleの例え遊びその1


Appleの資金は2060億ドル(約25兆円)。25兆円と聞いてもまだピンと来ないですが、これはアメリカの全国民(3億1600万人)にiPhone 6sを1台ずつプレゼントできます。


Aplleの例え遊びその2


ちなみに、25兆円使えばビジネスジェット「ガルフストリーム650」が3169機購入することができ、なおかつ燃料費もしっかり補える。


Appleの例え遊びその3


Appleは7月~9月の間にMacを571万台販売しています。この数字はミネソタ州の住民全員にMacを1台ずつ配ってもまだ余る。


Appleの例え遊びその4


2014年度のAppleの純利益は395億ドル(約4兆7600億円)。SnapChat/Pinterest/Aribnbをまとめて買収しても数十億ドル残る。


Appleの例え遊びその5


Appleの資金は米国積総額を上回る。


Appleの例え遊びその6


Appleが7月~9月の間に販売したiPhoneの数は4805万台。スペイン国民全員に1台ずつiPhoneをプレゼントしてもまだ余ります。


Appleの例え遊びその7


Appleが7月~9月の間に販売したiPadの数は988万台。これだけあればAppleの全従業員が106台ずつiPadを持てちゃいます。


Appleの例え遊びその8


Appleの前四半期売り上げ高は515億ドル(約6兆2000億円)。この数字はコスタリカの国内総生産(GDP)を上回る。もはや国レベルです。


Appleの例え遊びその9


Appleの2015年通期の売り上げ高は2337億ドル(約28兆1900億円)、純利益は534億ドル(約6兆4400億円)。つまり、Appleは毎週10億ドル(約1200億円)稼いでいるということ。


Appleの例え遊びその10

昨年のAppleの時価総額はロシアの株式市場総額を上回っていた。


Appleの例え遊びその11


Appleはこれまで10億台以上のiOS端末を販売してきました。これはインド国民全員に1台ずつiOS端末をプレゼント、もしくは、イギリス国民全員に15台ずつiOS端末をプレゼントできちゃいます。もうすごすぎですね。国家レベルのお金が動く企業がAppleです。

情報元:Business Insider