iPad Proには12個のGPUコアが搭載されている事が判明!


超高性能iPad「iPad Pro」に搭載されているA9Xチップには、A9チップの約2倍にあたる12個のGPUコアが搭載されていることがわかりました!A9チップと比べて約40パーセントもの面積が拡大されており、そこに12個のGPUコアが配置されています。


ノートパソコンに負けず劣らずの高性能「A9Xチップ」


iPhone 6s/6s Plusでは、搭載されている「A9チップ」の製造元により性能差があることがわかり、Appleも公式発表していましたが、iPad Proに搭載されている「A9Xチップ」はすべてTSMC社製となっているようです。

「A9Xチップ」のコア数に関しては、iPad Air2に搭載されている「A8Xチップ」から1つ減り3コアになっているのですが、1コアあたりの性能が向上し、GPUを増設することで高い処理性能を実現しています。

ちなみに、A9XチップはA8Xチップと比べて1.8倍の性能を誇るCPU、2倍の性能のGPUとなっているため、ノートパソコンに匹敵するという謳い文句はダテではなさそうですね。僕も喉から手が出ちゃってるくらい欲しいところなんですが、iPad Air2買ったばっかりなんだよなぁ・・・