アップデートは早めに!「iOS9.2.1」は脆弱性に対応した重要なアップデート


先日、リリースされた「iOS9.2.1」。今回のアップデートでは、セキュリティアップデートと不具合の修正が主なアップデートとなっています。さらに、Wi-Fi接続時に通信内容を盗み取られる可能性がある脆弱性にも対応しているようなので、これは結構重要です。


au版のみ留守番サービスに不具合


現在、「iOS9.2.1」ではau版のみ不具合が報告されています。症状としては、au版のiPhone6/6 Plus、iPhone 6s/6s PlusでiOS9.2.1へアップデートすると留守番電話サービスが利用できなくなるというもので、「モバイルデータ通信」の設定が「音声およびデータ」と設定している場合に起きるとのこと。

ただし、auが公式に案内しているとおり、アップデート後に留守番電話サービスを再設定することで簡単に対処できます。アップデート後は再設定を忘れないようにしましょう!
※留守番電話に接続する設定はau版iPhoneから「1411」に発信。


重要なアップデートなので、アップデートは早めに

▲大きな機能改善はないものの、セキュリティ面ではより強固に。

今回改善された脆弱性は、公衆無線LANにおいて、通信内容を傍受される可能性があるため、まだ「iOS9.2.1」へとアップデートしていない人は早めのアップデートをおすすめします。もちろん、アップデートする前にバックアップを取るのも忘れずに!

情報元:Skycure