エラー53に要注意!iPhone 6を非公式修理するとアップデートできなくなる可能性が!?


iPhoneが壊れた時、ほとんどの人がAppleへ修理に出すと思いますが、価格の安さ・手軽さから非公式の修理サービスを利用するというのも選択肢の一つ。ただし、サードパーティーで修理すると、端末が復元できなくエラーが発生しているようなので、修理を考えている人は注意する必要がありそうです。

iPhone 6でのみ発生中


問題の不具合は「iPhone 6」を非公式の修理、もしくは自分で修理した場合に起こるもので、「エラー 53」とメッセージが出るとのこと。「Touch ID」を修理した場合に発生するようです。

iOS9以前のiOSなら問題なく機能するようですが、iOS9以降になると度々発生しているようです。Touch IDに不具合があるわけでもなく、単純にシステムエラーが原因と思われており、解決策は復元、または端末の交換しかないとのこと。


iPhone エラー53で検索すると出てくる出てくる

早速ググってみると、出てくる出てくる。かなりの人数の人が「エラー53」に悩まされているようです。Appleの公式サイトでは、エラー53に対する対処法を確認することができますが、「画面やその他の部品を交換した場合、Appleサポートに問い合わせてください」とのことなので、実質的に、エラー53に陥った場合は保証対象外の端末交換しか手段はなさそうです。

もちろん、Appleの保証が適用されるわけもなく、高額な交換代金を支払うことになるので、もしもiPhone 6の修理をサードパーティーで考えているならもう少し考え直してみる必要がありますね。特にiPhone 6ユーザーは要注意です。

情報元:iPhone in Canada