iPhone SEは2GB!ベンチマークの結果、SEは6sとほぼ同性能ということが判明


先日発表された「iPhone SE」は、2GBのRAMを搭載していることが判明しました!さらに、気になるベンチマークスコアもGeekbenchによって明らかになり、iPhone 6sと同性能ということが分かりました。


廉価版とは言わせない!SEは6sと同性能で確定

▲A9チップを搭載しているiPhone SE。
ベンチマークスコアはiPhone 6sを僅かに上回る。

ベンチマークの計測によれば、iPhone SEはシングルコアで2538。マルチコアで4421という結果に。iPhone 6sが記録したシングルコア2500。マルチコア4340を僅かに上回っており、価格からは想像できない高パフォーマンスということが分かります。

iPhone SEが有利な点として、3D Touchの非搭載、解像度の違いがあるので、一概に数値だけで決めるのはナンセンスですね。

ただし、iPhone SEが52800円から購入できる事を考えると、これだけで購入する理由になりそうです。
iPhone SEが登場!性能はiPhone 6sと同格、発売日は3月31日

情報元:MacRumors