Apple Watchもマイナーアップデート!「Watch OS 2.2.1」がリリース


 iOSやOS Xがアップデートされましたが、Apple Watchも「Watch OS 2.2.1」がリリースされています。新機能の追加はなく、バグの修正とセキュリティ強化が主なアップデート内容となっているので、時間があるときにアップデートしておきましょう!

WWDCでWatch OS関連の発表があるかも?

▲Appleは6月1日までにすべてのアプリをネイティブ対応予定。
WWDCでWatch OS関連の新情報があると思われています。

 Watch OS2.2.1にはバグの修正、セキュリティアップデートが含まれるので、必ずアップデートしておくようにしましょう!今回も結構時間がかかったので、そこだけ要注意。

 Apple Watchをアップデートする場合、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあること、充電器に接続されてること、50%以上充電されている必要があるので、お忘れなく。

もしアップデートが上手くいかない場合、一度Apple Watchをリセットしてみましょう。WWDCでは、Watch OSの新情報にも期待です!

情報元:Mac World