要注意!Appleに偽装したフィッシング詐欺が出回り中


Appleに偽装し、iCloudのアクティベートを促すフィッシングメールが流行中です。突然「Apple IDが無効になったため、再度アクティベートをお願いします」というメールが届いたらあなたはどうしますか?なにも知らなければ、うっかり騙されてしまいそうです。


Appleはアカウント情報をメールで要求することはない


▲Appleは個人情報を重視しています。
身に覚えのないメールが届いたときはスルーするのが一番。

今回のフィッシング詐欺は、「iSupport」という送り主から「Apple IDが無効になったため、再度アクティベートをお願いします」というメールが届き、記載されているアドレスをクリックすると個人情報が抜かれてしまうというもの。

イギリスを中心に発生しているようですが、記事執筆時点で日本では確認されていません。

万が一、このようなメールが届いた場合は記載されているリンクには触れず、すぐにAppleに報告するようにしましょう。

古い手法の詐欺で引っかかる人は少ないと思いますが、Appleから突然メールが来ても鵜呑みにせず、まずはAppleにお問い合わせというのが大事ですね。

日本には上陸していないとはいえ、気を付ける必要がありそうです。

情報元:Cult of Mac