許せん!奈良のauショップで29台のiPhoneが盗難被害


奈良県内にあるauショップで、計29台のiPhoneが盗まれるという盗難事件が発生しました。盗まれたiPhoneは29台(被害額およそ300万円相当)で、事件は早朝3時15分頃に起きたようです。


和歌山で起きた盗難事件との関連性も


被害にあったのは、奈良県のauショップ桜井店。従業員用の出入り口にある窓ガラスが割られ、在庫保管用のキャビネットからiPhoneを持ちだす様子が防犯カメラに写っていたとのこと。盗まれたiPhoneの機種については触れられていません。

複数犯で、1人は黒いキャップ帽と上着、青色の作業ズボン姿だったようです。同日、奈良県田原本市でも窓ガラスが割られ、侵入されましたが、全てのキャビネットが施錠されており、被害はなかったようです。

5日には、和歌山で計104台(被害額およそ965万円)のiPhoneが盗まれるという事件が発生しており、警察は同一犯の可能性があるとして捜査を続けています。

今回の事件を受けて日本全国のキャリアショップはセキュリティについて改めて見直す必要があります。模倣犯による被害も懸念されるので、早急な対処が求められそうです。

今回盗まれたのは新品のiPhoneということもあり、犯人の特定は難しそうですが、2度とこのようなことが起きぬよう、早く捕まってほしいと願うばかりです。海外でも同様の事件が発生していますが、どこの国にもバカはいるということですね。

情報元:産経新聞