iOS 10に搭載されると噂の「ダークモード」はこんな感じ?


WWDC2016で発表されると噂されている「ダークモード」。これは暗い場所でも見やすくなる機能と言われていますが、そんな「ダークモード」のコンセプト画像が公開されています。もしかしたらこんな感じになるかも?


「ダークモード」はこんな感じかも!

▲今回公開された画像は、ダークモードの画面を想定したもの。
あくまでコンセプト画像ですが、これは確かに見やすそう。

ダークモードに設定すると、デザインが黒を基調としたものに切り替わるようです。これなら、暗所でiPhoneを利用しても眩しくないですね。

目の負担を軽減する「NightShift」もありますが、併用できるかどうかは不明です。

▲ダークモードに設定すると、すべてのシステムで反映されるとのこと。
現在、「マップアプリ」で同様の機能が搭載されてます。

▲画面を分割できる「マルチタスク」も。

今回ご紹介した画像はコンセプト画像なので、実際、どんなものが発表されるかはAppleのみぞ知るところ。

iOS 10のデザインも気になりますが、「ダークモード」もなかなか良さそうです。

WWDC2016は開発者イベントとなっているため、製品の発表はないと思われますが、WWDC2016が楽しみ!

情報元:Mac Rumors