消えたデータをiPhoneに直接復元!iOS向けデータ復元ソフト「PhoneRescue」


画像や連絡先、ブックマークなどのデータを直接iPhone/iPadに復元できる「PhoneRescue」。iMobie様のご厚意により、製品版をご提供頂いたので、さっそく使い方や使用感などをご紹介!

「PhoneRescue」公式HP
「PhoneRescue(Windows版)ダウンロード
「PhoneRescue(Mac版)」ダウンロード

使い方も超簡単「PhoneRescue」

▲日本語にもばっちり対応しているのでご安心を。
無料版で使えるのは消えたデータのプレビューまで。データを復元するには製品版のライセンスが必要になります。

▲仕様版でもライセンスを取得すれば製品版にアップグレード可能。

まずは無料で試せる仕様版で消えたデータがあるか確認し、それから製品版を購入すれば安心ですね。

動作環境や対応iOSデバイスは以下の通り。

◆「PhoneRescue」動作システム
【Windows(32/64ビット)】
Windows 10,8,7,Vista,XP

【Mac】
Mac OS 10.11, 10.10, 10.9, 10.8

◆対応iOSデバイス
【iPhone】
iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 6, iPhone 6 plus、iPhone 6s, iPhone 6s plus

【iPad】
iPad, iPad 2, iPad 3, iPad mini, iPad 4, iPad mini 2, iPad Air, iPad Air 2, iPad mini 3, iPad mini 4, iPad Pro

【iPod】
 iPod touch 1、iPod touch 2、iPod touch 3、iPod touch 4、iPod touch 5、iPod touch 6

PhoneRescueを始める前の準備

▲「PhoneResucue」を起動するとクイックヒントが表示。
クイックヒントに従い準備します。

▲iPhoneを探すをOFFに。
設定は『iCloud>iPhoneを探す』から。

復元中に「iPhoneを探す」をOFFにするよう促されるので、あらかじめ設定しておくと○。

◆始める前の準備
・iOSデバイスを機内モードにする。

・iOSデバイスのバックグラウンドアプリをすべて切る。

・iTunesやMedia Goなどの転送ソフトをすべて終了する。

・システムのクリーニングソフトを使用しない。

・USBの接続が正常か確認する。

・iPhoneを探すをOFFに。

PhoneRescueでiOSデバイスから直接復元してみた

▲準備ができたら、「iOSデバイスからリカバリー」を選択。

▲接続したデバイスの分析が始まります。

▲5分程度でいろんなデータがどーーん。
画像の復元はPCへ。

以前消したデータも含め、端末内のデータが一覧表示されます。

画像はiOSデバイスに直接復元することが出来ないので、今回は、試しに以前消したメッセージを復元してみます。

▲復元したいメッセージを選択します。
復元は右下の青いアイコンから。

復元したいデータを選択したらいよいよ復元。

青い復元アイコンは2種類あり、左がiOSデバイスへ復元。右がPCへ復元となります。

▲直接iOSデバイスへ復元できる項目を教えてくれるので、よければ「復元」を選択します。

▲復元中・・・。

▲説明に従ってiOSデバイスを操作します。
iPhoneが再起動されるので、触らないようにしましょう。

▲復元が完了!


ちゃんと復元できてるかiOSデバイスで確認

▲復元が完了したiPhoneは初回起動時と同じ状態に。
Apple IDを入力してiPhoneをアクティブにします。

ちゃんとiCloudでバックアップが取れていれば元通りに戻っているので、復元する前にバックアップを取っておくといいかも?

ちゃんと選択したデータが復元されているか確認してみると・・・

▲直接iPhoneに復元されてる!
結構前のデータだったのに驚きの一言。

「iOSデバイスから復元」以外にも、「iTunesバックアップから復元」「iCloudから復元」「iOS修復ツール」というモードが用意されています。

▲特に気になったのが「iOS修復ツール」。
リンゴループも復元できるとか?

残念ながら、復帰できないような状態のiPhoneが手元になかったので、今回は試すことが出来ず・・・。そんな状態に陥った時は試してみようかなと。

上記のとおり、4つの復元モードがあるので時と場合によって使い分けてみましょう!

最後にPhoneRescueの注意点とまとめ

▲画像はiPhone本体に復元することはできないので要注意。
メッセージや連絡先、ブックマークなどは直接復元できます。

直接iOSデバイスに復元できて、操作も簡単な「PhoneRescue」ですが、いくつか注意点も。

僕の環境では、復元したいデータを選択しようとすると強制終了することがあったのですが、試行錯誤してみると原因は選択項目が多かったことだったようです。

デバイスの分析が終了すると、見つかった項目がすべてチェックされた状態なので、復元前に左のタブにあるチェックをすべて外すようにしましょう!

全てのチェックを一度外してから、復元したいデータを選択すると強制終了も無くなります。

ちなみに、「Phone Rescue」がデバイスに直接復元できるデータは連絡先やメッセージなどのテキストデータ8種類。復元できるデータは全部で25種類と多く、復旧成功率は98%を超えるとのこと。

データ復元ソフトは、手元に最低でも1つは欲しいソフトなので、この機会にいかが?