セキュリティやバグが強化・修正された「watchOS2.2.2」がリリース!


watchOS2.2.2は前回のアップデートと同様に、主にバグの修正やセキュリティ強化のアップデートとなっています。アップデートはiPhone本体のApple Watchアプリから。


アップデートに時間はかかるので要注意

watchOS2.2.2のファイルサイズは16MB。セキュリティ強化がメインのアップデートとなっているので、早めにアップデートしておきましょう!

アップデートはiPhone本体にある「Apple Watchアプリ」から。アップデートに必要な条件は以下の通り。

◆Apple Watchアップデート条件
・iPhoneが接続されたWi-Fi圏内にあること。
・Apple Watchが充電器に接続されていること。
・Apple Watchの充電が50:%以上。

▲アップデートしたら調子が良くなったとの声も。
僕はTwitterアプリの表示が安定した気がします。

僕の環境ではアップデートに30~40分ほどかかったので、所要時間は30分~1時間くらいでみておいた方がいいかも。

アップデートによる不具合は今のところ報告されておらず、僕のApple Watchも問題無し。ひとまず安心してアップデートできそうです。