Facebookが若者限定アプリ「Lifestage」をリリース!しばらくは米国のみ


Facebookが21歳以下の層をターゲットにしたiOS用アプリ「Lifestage」をリリースしました!質問に答えてプロフィールを作成したり、動画を投稿して楽しめるSNSとなっています。



22歳以上のユーザーは遊べない

▲LikeはよくあるSNSアプリでおなじみ。
LifestageはFacebookから独立しており、登録も自分の高校を選択するだけ。

Lifestageでは、アプリが尋ねてくる質問に答えてプロフィールを作成したり、動画を投稿することが出来ます。質問には好きなことや嫌いなこと、ベストフレンド、趣味など、さまざまなものが用意されているとか。

撮影した動画はアプリが自動でつないでプロフィール動画にまとめてくれるので、管理も楽々。投稿した動画は他のユーザーが閲覧可能になります。

22歳以上のユーザーはダウンロードこそできるものの、自分自身のプロフィール動画以外は見ることができません。もう少し前なら僕も・・・・!


高校別に存在すュニティ

▲Lifestageでは高校別のコミュニティが存在。
ロックが解除されるまで閲覧できません。

同じ高校の生徒同士の交流が主になっているので、その学校のコミュニティに入るまでは他の生徒のプロフィールは見ることが出来ないようです。

ちなみに、同じ高校の登録者が20人を超えるまで自分以外のプロフィールは閲覧できないようなので、自分で友達を誘っていくことになります。

しばらくは米国のみで配信するとのことで、人気が出れば日本でもリリースされるかも?

ただし、問題点もいくつかあるようで、「多くの個人情報を要求される」「本当に登録者がその学校の生徒か確認する術がない」など、改善点も多くありそうです。

Source:iTunes