【GoPro】HERO5の新情報が続々!次期フラグシップモデルが気になる!

現行モデルGoPro HERO4が登場してから2年が経ち、次期フラグシップモデル「GoPro HERO5」の情報も続々と登場しています。

音声入力やクラウドサービス「GoPro Plus」も?

GoPro HERO5の実機画像もキタ!

▲GoPro HERO5の実機画像と思われるもの。
前面にあった電源ボタンが消失。
本体に「PVT3(生産検証テスト3)」と書かれていることから、すでに量産体制は整ってきていると思われ、量産開始に向けた最終段階に入っているとのこと。

出ている情報では、GoPro HERO5はサイズが一回り大きくなるようで、従来のハウジングが使用できなくなる可能性が高いようです。ボタンの配置も変更されるようなので、仕方ないですね。詳細スペックは以下の通り。

◆「GoPro HERO5」詳細スペック(未確定)
サイズ
62×44.6×33.7mm
118g
ディスプレイ
LCDタッチディスプレイ
バッテリー
1220mAh
3.85V
4636mWhr
レンズ
6-element aspherical all glass
ポート
USB Type C
HDMI
ストレージ
Micro SD card minimum
Class 10 or UHS-1
最大64GB
オーディオ
Internal mono microphone
AAC
Wi-Fi
802.11 b/g/n/a/ac

「GoPro HERO5」リークされている情報まとめ

・GoPro Sessionと同等の防水性能を備えると思われるが、具体的な防水性能は不明。

・USB Type-C端子を搭載

・解像度:4K @ 30 fps、2.7K @ 60 fps、1440 @ 80 fps、1080 @ 120 fps、960 @ 120 fps。720モードの場合はFOV(画角設定)に応じてさらに多くのモード

・カメラセンサーは12 MP?

・「GoPro turn on」「GoPro start video」などのボイスコントロール機能を搭載?

・映像安定機能を搭載して振動の少ない映像を実現。ただし、4Kモードと60fps以上の場合は不可。

・ステレオ録音モードと風切り音低減モードを選択可能。

・手動で画質を調整する「Protune」はブラッシュアップされて継続。

・魚眼効果を除去する「Linear (リニア)」モードを追加?

・手動で露出の調整が可能に。

・GoProと一般のディスプレイでの発色を見比べる「Colour」

・シャッタースピードを変更可能になる可能性も。

・液晶ディスプレイの照度を10%から100%、そして「OFF」で調整可能に。
※これはホントにありがたい!

・前面の液晶ディスプレイはバックライト無し。

・ハウジングに入れた際にタッチパネルの感度を上げる設定が追加?

・謎の機能「Super Suit」。詳細は不明ですが、防水アクセサリーの可能性大。

・GPS機能を搭載。
▲旧モデルは価格が若干下がる可能性も?
ちなみに、現時点で発売予定日や価格は全く不明。

新しいクラウドサービス「GoPro Plus」の存在も噂されており、これは撮影した写真・動画を自動でアップロードできるようになるものと思われます。

これから新情報も増えてくると思いますが、「GoPro HERO5」も要チェックです!

Source:The Verge