【iOS10】ついにリリース!気になる新機能まとめ!


ついに「iOS 10」の正式版がリリースされました!これまでで最も大きなiOSのリリースで、機能改善やデザインの変更、さまざまな新機能が追加されてます。簡単にアップデート内容・新機能をまとめてみたので、参考にどうぞ!


ロック画面

▲ロック画面から「スライドでロック解除」が削除。
フォントも太文字に変更されてます。

カメラの起動は、ロック画面から横スワイプに変更。ロック中は画面上部に鍵マークが表示され、ロック画面はかなり使いやすくなってます。


コントロールセンター/ウィジェット/通知センターが超良い!

▲コントロールセンターも新しくなり、より使いやすく進化!

▲ミュージックコントロールも独立し、スワイプすることで操作可能。
もちろん、タップすれば「ミュージック」にも移動できます。

▲通知センターも大きく変更。
画面に出てきた通知を強く押すと、そのまま返信も出来ます。

▲ウィジェットも大きく変更され、追加できるアプリも増えてます。

「iOS 10」のコントロールセンターや通知センターのデザインはなかなかいい感じ。特に音楽をよく聴く人にとって、スワイプで開ける独立したミュージックコントロールは使いやすくて、かなり嬉しい。

コントロールセンター下部にある「ライト」や「タイマー」を押し込むと、ライトの明るさやタイマーなどすぐに選ぶことも出来ます。


「iMassage」も大幅アップデート


iMassageも大幅なアップデートが加えられており、シンプルな操作性に。

メッセージを開いたまま写真を撮影できたり、バブルエフェクトやスクリーンエフェクトなど、様々な特殊効果を付けることが出来ます。主な機能は以下の通り。

◆「iOS 10」メッセージの主な機能
iMessageを開いたまま写真撮影
・送信する画像やビデオにマークアップ
・iMessage内でYoutubeの動画をインライン再生
・リンクを貼ると、プレビューが表示される
・デジタルタッチ機能で手描き文字を送信
・デジタルタッチ機能で写真やビデオに文字を書き込める
・バブルエフェクトで吹き出しのサイズや表示のが変わる
・スクリーンエフェクトで画面全体に特殊効果
・入力した文字をタップして絵文字に置き換える
・メッセージにリアクションを返すTapback機能
・送信する画像に不可視インクをかける
・メッセージに自由に貼れるステッカー追加


「Music」も大幅リニューアル!

▲「ミュージック」はデザインが一新。
歌詞も表示可能に!

▲白を基調としたシンプルなデザインに変更され、表示も見やすくなってます。

大きな変更はやっぱり歌詞が表示できるようになったということ。「For You」や「見つける」もパワーアップされているとか。詳細は別記事でまとめる予定です。


「写真」もさらに使いやすく


iOS 10の写真アプリは内容を自動で判別、分類し、検索できます。さらに、新しく自動でスライドショーを作成してくれる「メモリー」も追加。

◆「iOS 10」写真の主な新機能
・アルバムに「ピープル」「撮影地」が追加。
・LivePhotosの編集が可能に
・LivePhotosの撮影時にフィルターを適用できるように
・Photoにマークアップ機能で書き込み可能に
・明るさの調節バーが追加 
※アルバム「ピープル」「撮影地」は、アルバムから消すことができません。


「マップ」が一新

▲マップアプリはデザインが一新。
移動履歴やカレンダー情報から目的地を予測してくれます。

iOS 10の「マップ」もシンプルな操作性で見やすいデザインに。交通案内やルート検索はもちろん、渋滞情報もより詳しくわかるようになってます。表示しているエリアの天気も表示できるので、遊びに行くときも活躍してくれそうです。


ほかにも細かな変更点がたくさん!

上記以外にも、ヘルスケア関連機能が強化されていたり、Safariのタブ数が無制限になっていたりと地味でも嬉しい機能が盛りだくさん。細かい修正や新機能などはまだまだありますが、iOS 10の主な変更点・新機能は以下の通り。

◆「iOS 10」その他の変更点・新機能
新しい壁紙の追加
・フォルダのアニメーションの変更
・標準アプリの削除(非表示)が可能になる
・アプリに戻る、の表示が小さくなる
・iCloud desktop access機能でMacやiPadとの共有が簡単になる
・ノートがシェアできるようになる
・フェイスタイムのラグが軽減
・Apple Watchのオススメの盤面を表示
・Web上でもApplePayの利用が可能に
・AirPlayのミラーリングの名称がAirPlayスクリーンに変更
・オーディオとビデオを別々にAirPlay可能に
・Newsアプリのデザイン変更
・プログラミングが学べるSwiftPlayGroundの追加
・Wi-Fiに接続する際、暗号化されていない場合は警告が表示
・インターネットに繋がってないWi-Fiがわかるように
・100種類以上の新しい絵文字の追加
・濡れたLightningケーブルを差し込むと警告がでるように
・iPad Proで、Apple Pencilを使うと3D Touchの利用が可能に
・メールボックスでフィルターが使えるように
・iPadでメールボックスを使う際、Split Viewが利用可能に
・Game Centerアプリの削除
・RAW画像ファイルを扱える

「iOS 10」配信直後はWi-Fi環境でアップデート中に「文鎮化」するという不具合があったようですが、現在は改善されているとのこと。念のため、iTunes経由でアップデートしたほうが安心かもしれませんね。

ちなみに、「iOS 10」にアップデート可能な機種は以下の通りです。

◆「iOS 10」対応デバイス一覧
iPhone】
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5

【iPad】
iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 9.7インチ
iPad Air 2
iPad Air
iPad 第4世代
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2

【iPod】
iPod touch 第6世代

Source:Apple