マジなのか!iPhone 7/7 Plusの「ジェットブラック」摩耗に注意

本日発表されたiPhone 7/7 Plus。新色であるブラック・ジェットブラックはやはり人気のようです。

ただし、「ジェットブラック」はケース無しで使用していると摩耗してしまい、特徴的な光沢が台無しになる可能性があるとのこと。これは予想外!

摩耗が気になる場合はケース推薦

▲公式サイトも、摩耗が気になる人はケース装着を推薦してます。
端っこに小さな文字で書かれてるので、これは分かりにくい。
iPhone 7/7 Plusで追加された新色「ブラック」と「ジェットブラック」ですが、ブラックが「マット加工の美しいブラック」、ジェットブラックが「高光沢で深みのあるブラック」といった感じです。

ただ、ジェットブラックの高光沢を維持するにはケースの装着は不可欠。AppleのiPhoneページ下部に小さな文字で注釈が書かれており、ケースの装着をオススメされてます。さすがに読みずらいので、引用するとこんな感じ。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

美しさを追い求めすぎて傷つきやすくなるというのはなんとも・・・。カッコいいので、それでも僕はジェットブラック一択ですが、イベント会場のiPhoneにうっすら傷がついているのを見るとなんとも言えない気持ちに。

▲Appleロゴの下にうっすら傷が。
さすがにリリースから数時間で傷つくと怖い。
考え方は人それぞれですが、ジョブズ流に「擦り傷が傷がついたステンレスも美しい」という気持ちで使うのも一興。僕はケース無し派なので、そのまま使いたいところですが、光沢が傷だらけになるのもさすがにイヤ。

せっかくの光沢なので、そのまま使わないと意味がない気がするけど、傷だらけにはしたくないからケースを付けるか?と言われれば付けたくない・・・という謎のジレンマです。

それでもカッコいいから僕は「ジェットブラック」買っちゃいますが、ケース選びも慎重にならないといけませんね。

Source:The verge