iPhone 7は傷つきやすいのか?スクラッチ&ベンドテストが公開!


海外のYouTubeチャンネル「JerryRigEverything」が、iPhone7のスクラッチ&ベンドテスト(曲がりやすいかどうか)の動画を公開しています。

カッターナイフで引っかいたり、火であぶったり、発売されたばかりのiPhone 7が・・・!贅沢というか、勿体ない気持ちになっちゃいます。

傷つきやすさは一般的な結果に


動画使用されたのはiPhone 7のブラック。モース硬度を測るペンでディスプレイをこすってみると、モース硬度は「6」で傷つきました。これは一般的なスマホと同じです。
▲特に傷は付かず。
表面のコーティングは剥がれちゃってます。

▲背面の傷つきやすさもテスト。
カギでこすってみると・・・
▲さすがにカッターナイフは耐えきれず。
カッターナイフはさすがに耐え切れず、iPhone 7の背面はズタズタに。元がアルミなので、ブラックは傷が目立ちやすいですね。
▲ライターでも炙られちゃいます。

iPhone 7は曲がりにくい

▲iPhone 7は曲がりにくいという結果に。
iPhone 6sのボディ設計が引き継がれてます。
動画を公開したJerryRigEverythingによれば、「iPhone 6ほど折れ曲がりやすくはない」とのこと。ただし、途中で接着剤が剥がれてしまったため、あまり無理な力を加えると防水性能に支障をきたす可能性があります。

今回使用されたのは「iPhone 7(ブラック)」でしたが、標準的な結果に。これが「ジェットブラック」だと結果は変わってたかもしれませんね。

傷つきやすい「ジェットブラック」は当然として、「ブラック」も傷が目立つため、気になるなら保護ケースは必須。くれぐれも、後ろポケットに入れるのは避けた方が無難です。

Source:YouTube