iPhone 7に「AirPods」は同梱されない!?変換アダプターも無し


Appleの純正イヤフォンになると噂されているBluetooth接続の新しいイヤフォン「AirPods」ですが、iPhone 7/7 Plusには同梱されないとの情報が!従来のイヤフォンを接続できる変換アダプターも無し?


AirPodsはハイエンドモデルで同梱は無し

▲純正イヤフォンになると噂されていた「AirPods」。
別売りになる可能性が高い。

KGI証券のアナリストによれば、「Appleは自社開発のBluetoothチップを用いたワイヤレスイヤホンをハイエンド市場向けに発売する」とのこと。価格については触れられておらず、BeatsとAirPodsの2ブランド戦略となるようです。

iPhone 7/7 Plusでイヤフォンジャックが廃止されることで、ワイヤレスイヤフォンの需要が増すと見越しての「別売り」なのかもしれません。


変換アダプターも別売り

少し前にリークされたiPhone 7/7 Plusの仕様書には「変換アダプターが同梱する」と記載されていましたが、どうやらこれも同梱は無しとのこと。

iPhone 7/7 Plusはイヤフォンジャックが廃止され、Lightningケーブル接続のイヤフォンになりますが、これでは従来のイヤフォンは接続できませんよね。※Bluetooth接続のイヤフォン/ヘッドフォンなら問題無し。

変換アダプターが同梱されてれば、そのまま使いまわしも出来たのですが、これを解決するには別売りとなる「変換アダプター」を購入する必要があるようです。

期待高まるiPhone 7/7 Plusですが、付属するイヤフォンはLightning接続の「EarPods」のみとなる可能性が高いですね。音質が向上するのかも気になるところです。

Source:Apple Insider