小型化して安くなった「PS4 Slim」、4k対応ハイエンドモデル「PS4 Pro」が登場!


本日開催された「PlayStation Meeting」で新型PS4「PS4 Slim」と「PS4 Pro」の2モデルが登場!小型化して価格が抑えられたモデルと、GPUがより強化された4k対応ハイエンドモデルとなってます。


安くて小型・軽量「PlayStation 4 Slim」

▲軽量・小型化した新型PS4。
容量は500GB/1TBモデルが用意。

小型化しただけじゃなく、安くなったのにハードディスクの容量が500GB/1TBから選択できるように。前モデルと比べて約14mm薄くなってます。

さらに消費電力も34%減少。無線には初めて802.11.acにも対応しています。手の届きやすくなったPS4といった感じですね。通常の使用ならこちらで全く問題なさそうです。

発売日は2016年9月15日。価格は29980円(税抜き)から。


グラフィック重視!「PlayStation 4 Pro」

▲GPUが強化され、4kにも対応した最強PS4「PS4 Pro」。
モデルは1TBのみ。

同じゲームでも、Proに対応していればフレームレート(描画枚数)が増えて滑らかになり、グラフィックがより鮮明に。4kテレビ使用時により恩恵を受けることができますが、それ以外のTVでも問題はないとのこと。※Proのパフォーマンスを生かすなら、4kテレビ推薦。

もともと、HDR(ハイダイナミックレンジ)には対応していましたが、ゲームにも対応。より深い黒や細かい闇の表現、煌くエフェクト、水に反射する光のエフェクトなど、よりリアルな映像になっているとのこと。

ちなみに、PS4 ProはPS VRのフレームレートも向上するとのこと。発売日は2016年11月10日。価格は44980円(税抜き)となっています。


新型PS4まとめ

ゲームはすべてのモデルで動作可能とのことですが、PS4 Proに対応したゲームならより綺麗な映像で楽しむことが出来ます。4kテレビを持っていて、グラフィック命!の人ならPS4 Proで確定ですね。

それほどの環境が必要ないという人は価格が安くなって容量・消費電力が向上した「Ps4 Slim」で問題なさそうです。

Source:playstaition.com