【デュエルリンクス攻略】初心者が覚えるべきデッキ構築の基本とおすすめデッキ

デュエルリンクスを始めたら、まず覚えておきたいデッキ構築のコツとポイント、序盤に組めるおすすめデッキをご紹介!

「デュエルリンクス」デッキ構築の基本とコツ


▲デッキは、基本的に20枚構成。
現環境では、魔法・罠を破壊できるカードも必須。
デュエルリンクスでは、デッキは20枚構成が基本。

MAXの30枚構成だと必要なカードが引きにくくなるので、デッキ枚数はできるだけ少なくしましょう。

攻撃力の高いカードや効果が強力なカードをバンバン入れるよりも、コンセプトを決めてデッキを組むと○。

何度かデュエルしてみて、手札に残ることが多いと思ったカードは抜くか、枚数を減らしてみるといい感じになります。

コンボに必須なカードでも、2枚あれば十分な場合も。

【デッキ構築の基本】
・デッキは基本20枚

・デッキ構成は、モンスターカード10~12枚魔法・罠カード合わせて8~10枚くらい。

・デッキによるものの、☆5以上のモンスターは3~5枚くらい。

・勝ち方を考えておくと、必要なカードを決めやすい。

初心者におすすめ!「頂きに立つ者デッキ」

▲海馬スキル「頂きに立つ者」を生かした融合デッキ。
海馬瀬戸のスキル「頂きに立つ者」をメインに据えて組んだデッキで、必要なカードが集めやすく、始めたばかりでも使いやすい

フィールド魔法「山」のおかげで、ミノタウロスやアックスレイダーなど、攻撃力の高い下級モンスターとも戦えるおすすめのデッキ。

「頂きに立つ者デッキ」デッキレシピ

モンスターカード 11枚
・スカイハンター ×3
・セイントバード ×3
・スケルエンジェル ×2
・エレメントデビル ×2
イリュージョンシープ ×1

魔法カード 7枚
・融合 ×2
・勇気の旗印 ×2
・突撃指令 ×1
・強欲なカケラ ×1
・ツイスター ×1

罠カード 2枚
・援軍 or 老化の呪い ×1
・マジックジャマ― ×1

エクストラデッキ 3枚
・紅陽鳥 ×3

※エレメント・デビルは特に必要ないので好きなカードでOK。

まとめ!

頂きに立つ者デッキは、構築難易度が低く、使いやすいので初心者にはおすすめ。

突撃指令、強欲のカケラは持ってれば入れておきましょう。「融合」は城之内のレベル5報酬で1枚手に入るので、あとはカードトレーダーで集めると○。

ほかには、URのクリボールフュージョン・ゲートなんかもおすすめです。

デュエルリンクスを始めたら、デッキ構築の基本とコツを覚え、まずは、パック「アルティメット・ライジング」を集めよう!