暫定Android最強「Xperia XZ Premium」

SONYが先日発表した「Xpreia XZ Premium」がヤバい。5.5インチのディスプレイはなんと、3,840×2,160ピクセル4k HDR対応。

カメラは960fpsのスローモーション撮影に対応していたりと、とりあえず、暫定Android最強です。

4kディスプレイがスマホで楽しめるらしい

Xperia XZ Premiumは世界初の4k HDRディスプレイを搭載しており、しかも、これまでの4k対応スマホとは違います。

Amazonとの提携によりプライムビデオの4k HDRコンテンツを4k画質そのままで楽しめるのだとか。これまでも4k対応スマホはいくつかありましたが、実際にコンテンツを再生できるなんてすごい。

カメラも超良い

▲メインカメラは1,900万画素。
サブカメラは1,300万画素で自撮りも完璧。
今回のカメラですごいのは、世界初となる「960fpsスーパースローモーション撮影」。映画マトリックスバラエティ番組のスローを想像してもらえば分かりやすいと思いますが、スマホであんな感じの動画が撮影出来ちゃいます。

ハイスペックな「Xperia XZ Premium」

▲最新OS Android7.1搭載で防水/防塵。
プロセッサはオクタコアの「Snapdragon 835」を搭載しており、下り最大1Gbpsの高速通信にも対応してるとのこと。もちろん、Xperiaらしく音楽面の性能もばっちりです。詳細なスペックは以下の通り。

◆「Xperia XZ Premium」詳細スペック
サイズ
 156×77×7.9mm
195g
ディスプレイ
 5.5 4k HDRディスプレイ

OS
 Android 7.1 Nougat
CPU
 Snapdragon 835
メモリ
 4GB
ストレージ
 64GB
MicroSD(最大256GB)
カメラ
1,900万画素
960fps スーパースロー動画
サブカメラ
 1300万画素
バッテリー
 3230mAh
カラー
 Luminous Chrome/Deepsea Black
その他
 防水/防塵
USB-Type C
指紋認証
ハイレゾ音源対応

ざっとこんな感じ。ぶっちゃけ、4k HDR画質 ピクセル密度801ppiもいるの?ってなっちゃう人もいると思いますが、まったくその通り。

人により捉え方は変わると思いますが、やっぱり、それくらいの過剰性能がXperiaですよね。誰の目で見ても間違いなく綺麗なはずです。

心配なのは、4k HDRの5.5インチディスプレイを搭載しているのにバッテリーの容量が3230mAhしかないというところ。おそらく、ものすごく電力を消費するはずなので、ゲームや動画再生が若干不安です。

「Xperia XZ Premium」の発売日は今年の春以降発売予定で価格は未定ですが、日本でも発売されるのはほぼ確定。とりあえず、暫定最強Androidに認定です。実機が触りたくてウズウズ。

Source:SONY