一体何を話したの?GoogleとAppleのCEOがレストランでディナー

テクノロジー業界を牽するGoogleのトップスンダル・ピチャイ氏とAppleのトップティム・クック氏がレストランでディナーをしていたのだとか。

一体、何を話していたのか。気になる!

ライバル同士が仲良くディナー

AndroidとiOSという世界の巨大なプラットフォームを有する大企業のCEO2人が仲良くディナーしていたというのはある意味大ニュース。

AppleのCEOティム・クック氏がAndroidの事を「地獄の毒のシチュー」と例え、ピチャイCEOが反論するということもあったくらいのライバル同士である2人。

どんな話をしていたのか気になるところではありますが、ネット上ではちょっとしたジョークが話題を集めているようです。

ティム「君はNEXUSブランドを復活させる必要があるんじゃないのか?人々は実用的で割安なデバイスを欲しているんだ」
スンダル「実用性や値ごろ感(値打ちに相応した値段であること)について、君は何を知ってるというんだ?」
おそらく、2人が会って話していたのはトランプ政権に変わり、テクノロジー業界の在り方が変わる可能性についてだとは思いますが、AppleとGoogleのこれからの方向性についての確認という意味もあるのかもしれません。

それにしても、AppleとGoogleのCEO(最高経営責任者)が仲良くディナーしている場面が撮られるなんてかなりレアですよね。

Source:Twitter/9to5Google