携帯の「060」で始まる番号が解禁されるらしい!

朝日新聞によれば、総務省は携帯の「060」で始まる番号を解禁する準備を始めたようです。

携帯電話の番号は、毎年約1千万~1500万ずつ携帯各社の求めに応じて割り当ててるようですが、すでに、「090」「080」は割り当て済みとのことで、「070」も2590万番号しか残ってないようです。

現在の契約数は約1億6272万件

携帯番号は、99年から現在の11桁になったらしく、当初は約5千万の契約数だったものが、現在は約1億6272万件と大幅に増大。

元々、携帯電話の番号は「090」が割り当てられていましたが、後に「080」が解放され、PHS用だった「070」が携帯電話用として開放されています。

スマホ普及に合わせて携帯番号も順調に枯渇

携帯番号はスマホの普及に合わせて順調に枯渇し続けており、「060」の解禁は当然といえば当然ですね。

ちなみに、「060」は固定電話と移動電話両方につながる「FMC」というサービスに使われていましたが、2011年に終了し、現在は全く使われていないとのこと。

総務省は、060をFMCに割り当てるとする省令を改正し、070の減り具合を見て解禁時期を決めていく方針のようです。

ただし、今後契約した人が全員「060」になるという訳ではなく、携帯各社は過去に解約された番号を再利用しているので、080や090に割り当てられる可能性もあります。

Source:朝日新聞