新型iMac ProはTouch IDが使える?新しいMagic Keyboardが出るのかも

WWDC2017で発表された最強スペックを誇る新型iMac「iMac Pro」はTouch BarやTouch IDが使える可能性があるようです。

なんでも、macOS High Sierraのベータ版のソースコードから判明したらしく、これはかなり気になる!

iMac Proは史上最高スペックだし、Touch IDがあってもいいかも

▲iMac ProでTouch IDが使えたらものすごく便利。
12月に発売予定の最強Mac「iMac Pro」は、27インチ 5kディスプレイを搭載し、最大18コアのIntel XeonプロセッサRadeon Vega GPUを搭載しています。

どんなプロセッサが搭載されるのかは不明のようですが、Pike's UniversumがmacOS High Sierraのファームウェアを解析したところによると、"Purley"と呼ばれるプラットフォームで、サーバー向けのSkylake-EX/-EPが採用される可能性があるとのこと。

ちなみに、iMac Proは最大128GBのカオスな容量の内臓メモリに、最大4TBのSSDと抜け目なしですが、WWDCでは、Touch IDの対応について詳しく言及されてません。

Touch IDを搭載したMagic Keyboardが登場するかも

Pike's Universumによれば、iMac Proは”Secure Enclave”というセキュリティーアーキテクチャが採用される可能性が高いらしい。

これは、TouchBarのARMプロセッサ「T1」にも採用されてることからも、期待できるようです。

もしかしたら、Touch Barもしくは、Touch IDを搭載した新型Magic Keyboardが登場するかもしれません。
最大18コア!Mac史上最強の性能と機能「iMac Pro」は12月発売

Source:9to5Mac/Apple