iPhone X/8/8 Plusの容量は64GBと256GBどっち?選び方とおすすめの容量

iPhone X
どーも、iPhone XをPC/iPhone/iPadの3台体制でゲットできたyusukeです!

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xで用意されている容量は64GB256GBとなっており、これまでのiPhoneと比べると特殊。

iPhone X/8/8 Plusのおすすめの容量と選び方についてまとめたので、どれにするかは決めたけど、容量で悩んでる・・・という人は参考にどうぞ。

iPhone X/8/8 Plusの容量の選び方

iPhone 8/8 Plus
▲iPhone X/8/8 Plusは久しぶりのガラスボディ。
iPhone X/8/8 Plusで選べる容量は64GB256GBの2種類。

128GBがあれば無難で1番良かったのですが新型iPhoneでは廃止されたため、これまでの容量の選び方とは少しだけ変わり、iPhoneの容量が2種類になったことで選びやすくはなりました。

iPhone X/8/8 Plusを購入しようと思っている人は、まず、自分がiPhoneでどれくらいの容量を使っているのかを把握しておきましょう。

iPhoneで使っている容量は「設定>一般>iPhoneストレージ」で確認できます。

 写真
(iPhone撮影)
1=23MB
 1000=23GB
動画
(iPhone撮影)
1=46MB
1000=46GB
4k:1分=400MB
音楽
(iTunes)
1曲=5MB
1000=5GB
映画
(iTunes)
720p:2h=35GB
1080p:2h=46GB
アプリ
1GB程度
ゲーム
約1~2GB
※だいたいのデータ使用量の目安です。容量は様々な要素で前後するため、少なめに見積もってます。

iPhone X/8/8 Plusの容量「64GB」

これまでのiPhoneの場合、16GBもしくは32GBが最小モデルだったので、使い始めは良くても、長く使っていれば容量不足は必至。

64GBもあれば、ある程度問題なく使えるはずです。

ただ、iPhone内に写真や動画を撮り溜めていたり、音楽を大量に保存している人は64GBだとすぐに足りなくなるので、不安が残るなら256GBを選んだ方が後悔しないかもしれない。

64GBは少なすぎず、多すぎず、ちょうど良い容量であり、iPhoneを電話用にしか使わないって人はほとんどいないと思いますが、それほど容量は使わないと分かっている人容量を上手く管理できるって人は64GBがおすすめです。

iPhone X/8/8 Plusを64GBで長く使い続ける方法とコツ

iPhone X/8/8 Plusの容量「256GB」

iPhone X/8/8 Plusの最大容量である256GBは、写真や動画、音楽、ゲーム、アプリをたくさん保存できる容量であり、写真・動画をある程度管理して使ってる人が256GBで容量不足に陥ることはほぼ無いと思ってOK。

256GBは、iPhoneに保存してるデータを管理するのが面倒くさいという人にもおすすめですが、いくら256GBと言っても、適当に使ってるといつかは容量がいっぱいになるので要注意です。

大量の写真や動画(特に動画はサイズが大きい)、音楽を溜めている人は256GBでも足りないことが多々あり、そういう人はもうちょっと使い方を工夫してみましょう。

ちなみに、iPhone 8/8 Plus/Xの容量に関する事前調査では、過半数以上が256GBを購入するという結果が出てるので、需要は256GBの方が高く、人気があります。

需要が高いということは、iPhone X/8/8 Plusを手放そうと思ったときに高く売れるので、そのへんも考慮して購入しておくのもアリ。

iPhone X/8/8 Plusでおすすめの容量は64GB!

iPhone X
▲iPhone Xは、使い方次第で64GBでも全然使える。
一見、256GBは写真・動画・音楽、なんでも入れることが出来て、容量空きまくり最高!と思いますが、要は使い方次第。

半分くらいしか使いきれない人もいれば、足りない人はこれでも足りない。

256GBは価格も高いので、コストを抑えたいという人にも不向きです。

写真や動画・音楽を整理して、使わなくなったアプリを消していけば64GBでも容量不足になることはほぼ無いので、iPhone 8/8 Plus、iPhone Xで選ぶ容量は64GBがおすすめです。

iPhone/iPadの写真をGoogleフォトで管理・整理する方法(iyusuke)

iPhoneの容量で悩んだ時はどうする?

iPhoneの容量64GBにするか、256GBにするかで悩んだ時は、まず、今のiPhoneで自分がどれくらいの容量を使っているのかを確認しておくと感覚が掴みやすい。

iPhoneで使ってる容量は「設定>一般>iPhoneストレージ」で確認できます。
iPhone X、8/8 Plusの容量
▲iPhoneの容量が増え過ぎたら、PCに移動したりクラウドサービスを利用するといい。
参考までに、僕がiPhoneで最も容量を使ってるのが音楽で22GBくらい。その次はゲームやアプリになります。

写真や動画はGoogleフォトに移動してるので、容量の圧迫は無し。

僕の場合、iPhone 7(128GB)の使用容量は40GBあたりをウロウロしてたのでiPhone Xは64GBを選びましたが、実際、64GBって容量も実は結構シビアで、ギリギリの人もいれば、全然余裕な人もいる。

64GBも256GBも人によって余裕だったり、足りなかったり・・・。

そのため、「iPhone 8とiPhone Xのどっちを買うかは決めたけど、容量で悩んでる!」という人は、自分の使い方でも64GBでいけるか?を指標に考えてみるのがおすすめです。

容量を確認してみて64GBに近い、もしくは超えているという人容量の管理がめんどくさいという人は256GBを選んだ方が間違いなく後悔しません。

また、16GBや32GBなど、64GB以下のiPhoneを使ってる人もいると思いますが、その場合、アプリや写真・動画の管理を少し気を付けるだけで、問題なく64GBでも使っていけるはず。

使い切れないのに256GBを買っちゃうと最強にもったいないですが、256GBは容量を気にする必要があまりないってのがメリットなので、そのへんも考慮するといいかもしれませんね。

iPhoneは後から容量を変更することができないため、容量不足になった時のことも考えて、自分に合った容量のiPhone X/8/8 Plusを選びましょう!

また、テックブログiyusukeではiPhone/iPad情報により特化した情報をお届けしています。きっと役に立つ情報が見つかると思うので、ぜひチェックしてみてください!

iyusukeをチェックしてみる!
iPhone X/8/8 Plusを64GBで使い続ける方法


---PR---
iPhone X/8/8 Plusの予約・購入はオンラインショップがおすすめ!
docomo
Softbank Online Shop
Softbank Smartphone Store