Vsta/XPでiTunesがダウンロード/インストール出来ない時の対処法!


最新版のiTunesはシステム条件からXP/Vistaが消えてWindows7以降に変更されました。これではインストールどころか更新すら出来ないという事で、ググったら出てくる出てくる。今回はそんな状態に陥っている人のために簡単な対処法をご紹介!
iTunes(12.3.3)
※XP/Vistaではインストールできません。
※Ver.は記事執筆時のものです。

最新版の提供はWindows7以降になってしまったようですが、どうやら、Appleの公式ホームページには、XP/Vista用のダウンロードリンクが残っているらしいということで、早速探してみました。それがこちら
Apple サポート iTunes ダウンロード

リンクを開くとAppleのiTunesダウンロードに移動するので、その中からパソコンの動作環境にあったバージョンのiTunesをダウンロードしましょう!

ダウンロードが完了したらiTunesのアップデートも忘れずに。これでXP/VistaパソコンでもiTunesが使えるようになります。

ちなみに、Vistaを使ってる人はiTunes 11.1.5(Windows 32ビット版)あたりをダウンロードすると更新の数も少なくて良い感じ。

VistaでiTunesのインストールが失敗する時は?

iTunesを初めてインストールする場合は問題なくダウンロードできるのですが、一度iTunesをインストールしたことがあるとうまくダウンロードできない場合があります。

そんなときは、パソコン内のプログラムを確認してみましょう!

確認は『コントロールパネル>プログラム>プログラムと機能』から。
プログラム一覧の中に、iTunesをインストールしていないのにApple製のものがある場合はアンインストールします。

インストールする順番が違うだけでインストールできないことがあるらしく、iTunesのインストールが途中で中断してしまう原因がだいたいコレ。

Apple製プログラムを削除したら、もう一度iTunesをインストールしてみましょう!これでうまくいくはずです。それでもダメな場合はこちら

XP/Vistaは最新版が使えなくともまだまだいける!

最新のiTunesはApple Musicの表示やiCloudミュージックライブラリが利用できますが、Windowsパソコンの場合、上記が利用できるのは「Windows7以降」のみ。

XP/Vistaを使ってる方は最新版のアップデートはできないですが、これまで通りにiTunesが利用できるので、せめてアップデートできる範囲の最新バージョンにしておきましょう!

情報元:support.apple.com